10b)意味:スコープとフラット?パート2

こんにちは、ようこそ。

このページの情報は、トレーニングコースページで転送および更新されています。 What Does It Mean: Scope and Flat? Part 2.

スコープまたはフラットは、それがどのようにうまくいかないかのいくつかの例で最もよく示されます。これらの図面が作成されたのは、まさにこの問題が専門家でいっぱいの部屋への映画上映のために地元の上映室で起こったためです。

もちろん、その意図は誰かをからかうことではありません。これらのことは、過失や修理不良よりも誤って頻繁に発生します。スクリーニング会社の代表者は、上映前にランスルーがあり、すべてがうまくいったと言った。彼女は歓迎声明の後に部屋を出たので、私たちが見たものが彼女が以前見たものかどうかはわかりません。彼女が何を探したり聞いたりするのか分からなかった可能性があります。これがまさにこれを文書化する必要がある理由です。このレッスンは、この状況を理解し、講堂検査を行うときにすぐにそれを認識し、すぐに修正するのに役立ちます。

[ここにリンクがあります What’s It Mean: Scope and Flat Part 1]

 まず、スクリーニングルームの説明から始めます。ウェブサイトのプロモーションによると、画面の幅は20フィートです。 部屋には10列の座席があり、各列に6〜8個の非常に快適な椅子があります。人々はあなたがしゃがむことなくあなたの前を歩くことができます。また、各行は次の行よりも高いため、画面表示はブロックされません。小さな講堂用のプロジェクターは、特大の4Kバルコです。 AuroおよびAtmos用のスピーカーがあります。keystone image stretch

すべてと同様に、講堂は妥協のバランスです。たとえば、プロジェクターとスクリーンに妥協することなく講堂を建設する場合、プロジェクターは中央に水平になります  画面。 しかし、講堂は観客を収容する必要があります。そのため、プロジェクターのビームは観客の上にあり、スクリーンの中央を下に向けています。この場合、画像の上部はより狭くなり、画面の下部では画像がより広くなります。

A real Keystone holding an arch together by sheer force of will.これはキーストーン効果と呼ばれます。この図では、効果が誇張されています。しかし、プロジェクタがスクリーンの上にある長い部屋では、これが悪い場合があります。ここの2番目の図は、実際のキーストーンとは何か、アーチを所定の位置に保持する部分を示しています。

DCI仕様 – the rules for quality and security that came from the studios and later the recommended practices and standards from the engineers at SMPTE そして ISO  – didn’t allow digital cinema projectors to stretch or shrink the image using ant-keystoning tricks. Perhaps they would allow this now, since the technology has improved. But back then it could have made a bad situation worse.

最終的に、プロジェクター企業は、この問題を部分的に助けるためにレンズを動かす方法を設計しました。しかし、実際にこの問題を偽装し、他の問題を処理するために、デジタル以前の時代から一般的な技術とシステムが使用されています。これは「マスキング」と呼ばれます。マスキングは、画面の使用されていない領域をマスクするために、側面および上下から移動する剛性のボードから作成されます。ボードは黒いビロードのような素材で覆われており、迷光を食い止めるため、目には何も反射しません。

One last important thing to know before studying sizes. Black from a digital cinema projector is not black. Don’t get too excited. Black from a film projector wasn’t completely black either. If you are into the history of film, you will say, “Those films made out of nitrate were pretty black.” And that is true, but they would also start on fire, which is never convenient no matter how good the blacks looked. So, this is one of the reasons for masking – to surround the image with pure black which makes the image ‘pop’ on the screen. It gives the eyes the most contrast – which is studied in another What Does It Mean Lesson.

マスキングなしでは、プロジェクターからの黒は灰色がかった黒です。つまり、マスクされるべき部分を置き換える黒いバーは実際には灰色がかっています。矛盾する極端なことは:ドルビービジョン projector has magic black photons, so it doesn’t need masking. But every other room should. (Just joking…photons don’t have color, even black. Black would be the absence of light, and color – but that is a different Lesson. But, to be clear, the Dolby Vision projection system is actually that great.)


OK!バモノ! y va!いきましょう!行こう!

The screening room where the problem happened doesn’t have masking. But it has side curtains that pull in for Flat features and out for Scope features. One of the things that this screening room does have going for it is that the full screen is made to show the full Scope image. Nice. パート1の図面をもう一度見てみましょう。今回はピクセルサイズ4K、幅20フィートのスクリーンの寸法を使用します。既にわかっているため、比率をスキップします。スコープは、高さの2倍強、Flatは高さの2倍弱です。 Scope and Flat show together

完璧な世界では、フルサイズの画像を収めるために幅20フィート、高さ11フィート弱のフラットスクリーンと、高さ約8.5フィートの別の20フィート幅のスクリーンがあります。スコープサイズの画像。異なる画像を正しく表示するための2つのスクリーンを備えたスクリーニングルームがあります。この2つの画面という考え方は、3Dの代替画面について話すときにも出てきます。

Scope within a Flat screen, on top of each other for comparison.

ただし、ほとんどの部屋には両方に適合する1つの画面があるため、フラットまたはスコープの画像のいずれかを表示すると妥協します。上記の場合、スコープ画面サイズはフラット画面に収まります。マスキングは、白い画面(この画像では青色になっています)の未使用部分を覆うために、上から下に向かってくる必要があります。各側面の50の余分なピクセルは、サイドマスクによって予告なしに簡単に食べられてしまいます。Flat within a scope screen

私たちが学んでいる上映室では、スクリーンは、全幅のスコープ画像を再生するのに最適なサイズです。フラット画像は、高さが2フィート、幅が4フィート小さくなります。同じピクセル数を使用しますが、画像は小さくなります。部屋は十分小さいので、苦情はありません。誰もが素敵なサイズの写真を取得します。

私たちが劇場に座ったとき、カーテンはスクリーンの途中まで引っ張られました。開いている画面には、フラット画面の寸法があるように見えました。これはスーパーアクション映画であったため、カーテンが完全に戻ってスコープ画像全体を表示することを期待していました。

映画はScope映画でした。しかし、実際に起こったことは計画通りではありませんでした。開く代わりに、プロジェクターはスコープ画像をフラット画像サイズに配置しました。上部と下部はデジタルブラックで再生され、サイドでは各サイドカーテンで6インチまたは8インチのムービーが再生されました!A Scope image in a Flat Image In a Scope Sized screen.

Instead of getting a picture the size of the yellow outline, this is what we got. And, worse, the curtains didn’t completely hide the 6 or 8 inches of the scope image were being shown on the curtains…the light was still able to be seen on the curtains – not completely on or off. Lesson learned. Curtains are not masking.
Actual scope image/size in Flat box on screen with curtains

何を探すべきかがわかったので、これをあなたに起こさせないでください。映写室まで走り、機械オペレーターに電話して、そこで出会うように伝えます。マスキングを開き、スコープサイズをリセットするように伝えます。誰も気付かないように、拡張はスムーズに行える必要があります。しかし、問題がある場合は、映画を停止し、ポートグラスを開いて視聴者に謝罪します。彼らは驚くでしょうが、後で感謝するはずです。

いつか技術者や映写技師が家にいるときは、スコープとフラット、またはその逆にプロジェクターとマスキングを見せてもらうように頼みます。


あなたが尋ねている場合に備えて、答えは次のとおりです。「私はそれらの黒い画面が一番下にあるかどうかわかりません。 LFE(低周波効果)スピーカーをカバーしていたと思います。メインスピーカーのためではなかったと思います。」

In case you remember your Contrast Lesson, the 2nd answer is: “Yes, a white rock wall – and the white rock sides to the room. That indeed is not ideal. Just like the conversation about masking, you don’t want any of the reflections from the screen to be going onto distracting white surfaces. Even if your suspension of disbelief is so great that they aren’t distracting, they take away from the contrast, which reduces the Artist’s Intent. Perhaps the designer didn’t want people feeling like they are in a cramped dark auditorium. Form over function, and screw the Artist’s Intent? You will notice that Dolby Vision 講堂には無反射壁と床と天井があります。それはすべて重要です。

テイクアウェイ:あなたの会社のモットーが「常にあなたが約束した以上のものを届ける」である場合、あなたが約束していること、そしてあなたがそうでないときを認識する方法を知ることはあなたの責任です。これが役立つことを願っています。

お問い合わせフォームを使用して質問をしたり、このレッスンを改善できる分野を指摘してください。ありがとうございました。