チェックリスト

チェックリストとは何ですか

…それは映画と何の関係があるのか

…QualityActive™または

…顧客をより快適で満足させる?

システムは、機器と同じように、制御が必要であるか、高価なドアストップになります。

管理には知識とある程度の献身が必要です。おそらく、ロボットはすべてを続けることができます…しばらくの間。今でも、コンピューターやロボットにはたくさんの知識があります。しかし、まだプログラムされていない微妙な詳細が常にあるようであり、それらには確かに責任回路が組み込まれていません。彼らは少しの詳細がいつあるかを判断する能力を持っていません非常に重要なので、数世代にわたって壁にぶつかります。

優秀な従業員は常により多くの責任を望んでいます。チェックリストは、必要な手順を実行するために人々をガイドするのに役立ちます。 …一貫してステップを踏むこと。

次にいくつかの例を示します。

火曜日のサウンド–マネージャーのウォークスルーレポートフォーム

水曜日の写真–マネージャーのウォークスルーレポートフォーム

常に驚くべきことは、設備を正常に稼働させるために必要な情報量です。プロジェクトが混乱に陥らないようにするには、細かい部分に常に一貫して注意を払う必要があります。

所有者は映画館のようなプロジェクトを開始し、すべてを難しい方法で学ばなければなりません。この新しい所有者が何十年もプロジェクターを稼働させていたとしても、自分のプロジェクターを自分の映写室に入れなければならない場合、突然、それぞれの決定により100以上の結果が生じます。さまざまな詳細を別の方法で検討する必要があります。従業員はこれをどのように使用しますか?失敗や無知や悪意から保護されていますか?営業担当者は素晴らしいですが、保証は価値がありますか?私は何を言われていませんか?

それぞれの決定の結果は、彼らがうまく予測され、事前に処理されない場合、時間がかかり、他の人々の生活を複雑にします。


しかし、それはこのプロジェクトのポイントではありません。重要なのは、所有者は最終的にすべてを学び、新入社員にとっては魔術師のように見えるということです。施設の正面玄関を歩いていると、裏ホールの時計が正しくないことをどうやって知りましたか?なぜ誰もが裏ホールの時計を気にするのでしょうか?または、正しく聞こえない機器が気になりますか?

その理由は、歴史のある時点で何かが起こってそれが重要になったからです。会議は遅れて現れ、電球がその時間の前に爆発し、光学系を台無しにしました–小さなものが大きなものに変わりました。

しかし、その所有者が休暇に出かける場合、設備の知識はあるが施設の知識はない、または逆の人を選ぶでしょう。物事はばらばらになり、誰もその理由を知らないでしょう。ささいなこと。

紙の上にすべてが落ちているだけで、それを頻繁にチェックできるとしたら。すべて。


大企業は、ISO 9001と呼ばれる国際的な品質管理ネットワークに参加するためにサインアップするときにこれを行います。A)数人の幹部を派遣して、数か月間基礎を勉強させます。次に、これらの訓練を受けた経営幹部B)が1年程度費やして、会社が提供する製造やサービスの細かい細部すべてを編集します。次に、C)それを含むすべてのプロセスの詳細が記載されたマニュアルに変換します。D)それぞれの個別のチェックリスト1)アイテムと2)顧客が約束したものを確実に入手するためにチェックする必要があるプロセス。

2つの重要なこと:1)機器を使用してプロセスを実行する人は、これらのチェックリストを定期的に使用します(時々それを行う専門の技術者に加えて)、および2)特別な担当者がいます会社の議長(w0)に直接報告する品質管理の責任者。


目的: 私たちが知っていることの1つは、校正チームが専門家を訪問する間の数週間または数か月の間に問題が発生する可能性があることです。これらの問題は、お客様が理解する前に把握したいと考えています。問題に対処するためのトレーニングを受けた技術者が問題を効率的に処理できるようにしたいと考えています。


ああ、そして最も重要なことです。 これを機能させるために、チェックリストのユーザーは自分のプロセスと製品を判断するように訓練されています。


Quality Assurance Sticker showing Virtuous Circle of Trained Employee to Effective Report for Tech to Highly Satisfied Customers

ユーザーは、品質管理を品質管理に、品質管理を品質保証に変える責任のサイクルの一部になります。


チェックリストはそれ自体では使用されません。図が示すように、これらは通常、スパースレポートを取得して非効率的にする技術者のためのコミュニケーションツールとして使用されます。

元の考えに戻るために、チェックリストは、所有者の交代のニーズを満たすことを目的としています。これにより、所有者は、革新者の役割に戻り、部隊を新しい課題と成功に導きます。そして多分物事がバラバラにならないで休暇を取ることさえ!