他の人とあなた

おい!こんにちは。このページは、トレーニングコースサイトで更新されて複製されています。 もう一人の、そしてあなた。

この新しいサイトは最新のものであり、新しい機能が追加されるため、使用してください。ありがとう!

There’s a funny thing on the internet that lets people in public service jobs know how to deal with those who are disabled – those poor disabled people who have no ability to use Braille or sign language in this case!

目が見える人に会ったときの行動

目が見える人は非常に誇りに思う傾向があり、直接援助を求めません。優しく、しかもしっかりしてください。」

通常の声でゆっくりと話すことにより、目が見える人に周囲の環境を穏やかに警告します。目の見える人に話しかけるとき、声を上げる必要はありません。」

OK;  jokes aside. We are in a service business, and we get a lot of practice dealing with people who can walk strait to the proper line without assistance, but we don’t get a lot of practice dealing with people who need different kinds of assistance.

Does that blind person get a benefit from using Closed Caption equipment? Uhm…probably not. Audio Description equipment? Yes! Probably, yes. Should you ask? Good idea. 

尋ねるにはいくつかの正当な理由があります。 1つは、最初の基本的なコミュニケーションポイントに役立つことです。誰もが自分が注目されていることを知るようになります。 2つ目は、間違った結論にジャンプすることもあります。観客席番号を見つけるためにチケットを見ていると思うかもしれませんが、正しい日付があるかどうかを確認しようとしています。

誰かがアクセシビリティ機器を使用する必要があるとき、彼らはそれを考えるかもしれません

  • あなたは専門家であり、
  • 機器は最近テストされており、
  • バッテリーが完全に充電されており、
  • 映写技師は、キャプションとナレーショントラックを含むプレイリストを完璧に作成しました。
  • プロジェクションブースのアクセシビリティハードウェアの電源を入れてテストする

And, of course you are an expert…or want to be…but no matter how hard you study the equipment you don’t seem to get enough practice. And you are never around on SlowTuesday when the practice sessions are.

<Work in Progress – tell us your stories until we get this done…>

 

 

特定のニーズを持つ人々(クライアントと同僚)を扱うためのヒント

特定のニーズを持つ人々と作業するときは、以下のヒントに従ってください。

  • 常識を使用します。クライアントまたは同僚が最初に人であり、特定のニーズが次に来ることを忘れないでください。
  • ひいきにすることは避けてください。他の人から受けると同じ礼儀と敬意を表明してください。
  • Be considerate and patient. Try to anticipate what the person’s needs might be,  without being too presumptive or obsequious. Offer assistance if needed without forcing yourself on them.
  • コミュニケーションやタスクの遂行にもっと時間が必要な場合は、我慢してください。
  • 人と通信します。特定のニーズを持つ人々の中には、アシスタントや同伴者がいる場合があります。アシスタントではなく、人を見て直接話します。
  • 掲示された標識は、特定のニーズを持つ人が、必要なサービスを受けることができる部屋に行く最もアクセスしやすい方法を見つけるのに役立つことを確認してください。

 

身体の不自由な人と働く

モビリティの問題を持つ人々と仕事をするとき:

  • Do not push or touch a person’s wheelchair without his or her consent. People using adaptive equipment often consider the equipment as part of their personal space.
  • Ask before helping. Grabbing a person’s elbow may throw the person off balance. A person with mobility impairments might lean on a door while opening it. Quickly opening the door may cause the person to fall.
  • マット、ラグ、コードを床に固定するか、邪魔にならない場所に移動します。これは、つまずきを防ぐのに役立ちます。
  • 床を乾燥させてください。
  • ランプと車椅子でアクセス可能なドアのロックを解除し、整理整頓してください。

 

言語障害または聴覚障害のある人々と協力する

言語障害のある人や耳が聞こえない人や難聴の人と仕事をする場合:

  • 話すことができない人にリクエストを書くことを許可します。声明を読むか、声を出して要求します。
  • Follow the person’s cues. This will help to determine whether speaking, gestures, or writing is the most effective method of communication.
  • 話す場合は、冷静に、ゆっくりと、直接人に話します。叫ぶな。顔の表情、ジェスチャー、体の動きが理解を助けます。常に人に向きます。
  • その人が理解できない文を繰り返しではなく言い換える。

 

視覚障害者または視覚障害者との連携

When working with people with speech difficulties or  who are blind or partially sighted:

  • Identify yourself as a cinema employee. Do this as soon as you come in contact with the patron. Offer your arm, rather than taking the person’s arm when assisting.  Help the person avoid obstacles in the path of travel by being specific when giving verbal directions.
  • If the person has a service animal, walk on the opposite side of the person, away from the service animal . Do not pet or interact with the service animal without the owner’s permission.
  • あなたがそれをしているときにあなたがしていることを説明してください。目が見えない人や目が不自由な人から離れる場合は、その人に知らせてください。これは、彼らが誰にも話し続けない状況を防ぎます。