意味、新しいSMPTEピンクノイズ…およびその方法

おい!こんにちは。このページは、トレーニングコースサイトで複製され、次の場所に新しい編集が加えられています。 意味、新しいSMPTEピンクノイズ…およびその方法

この新しいサイトは最新のものであり、新しい機能が追加されるため、使用してください。ありがとう!

SMPTE ST-2095-1は、ピンクノイズの新しい標準です。多数の賢い人々による多大な作業と、多くの試聴とテストと調整が必要でした。クールなのは、多くのトランジケーターではなく、数字で作られているということです。これがデジタルピンクノイズ標準です。

ピンクノイズは常に存在しているものの1つであり、人々はそれについてあまり考えません。スイッチをフリックすると、そこにあります。しかし、それを正しく行うには洗練された回路が必要であり、常に同じものを実装しているわけではありませんでした。標準ではPythonスクリプトを実装するのが非常に簡単なので、それは今ではほとんどありません。

依存する機器はすでに使用している場合があります。たとえば、素晴らしいオーディオツールセットは Studio Six Digitalのオーディオツール、既に実装済みです。

しかし、あなたがあなた自身のものを作りたいだけならどうしますか?これがこの投稿のポイントです。SMPTEキャリブレーションピンクノイズ標準ST-2095-1で提供されるpythonスクリプトを使用して使用可能なピンクノイズ.wavファイルを作成する方法に関するいくつかのヒントを提供します。ダウンロードとしてここに添付されます。

プログラミング言語「python」はMacコンピューターの標準部品としてインストールされているため、これは以下の図面と手順で確認できます。また、無料のオープンソースオーディオツールであるAudacityの基本的な使用方法の写真もいくつかあります。 AudacityはWindowsで使用できますが、写真はMacのものです。

ただ明確にします:

1)PythonとAudacityはどちらもWindows、Linux、Macで無料で利用できます
2)通常のディレクトリ調整が可能なため、コマンドはMac、Windows、またはLinuxベースのコンピューターで使用されても同じです。 Windowsでは、もちろん、「ターミナル」の代わりに「cmd」ウィンドウを使用し、MacおよびUbuntuのターミナルでできるようにWindowsシステムでカットアンドペーストを使用することはできません(いくつかのLinux OSの使用可能なバージョン。)
Windows Pythonインストーラー:
Audacityのダウンロードは次の場所にあります。

1)SMPTE Pythonファイルをダウンロードする

1つのソースはSMPTE Documents Webサイトです。

2)コンピューターの準備

MacコンピューターのFinderで、「Command-Shift U」をクリックして「Utilities」フォルダーに移動します。
.pyファイルをUtilitiesフォルダーにドラッグします。要求されたらパスワードで認証します。
まだFinderで「Command-Shift O」(Opalの場合はO)をクリックして、「ドキュメント」フォルダーに移動します。
新しいフォルダー(Cmd-N)を作成し、すぐに「pink_noise」と入力してから、名前を付けて戻ります。
Cmd-Oまたはダブルクリックで「ピンクノイズ」フォルダーを開きます。

3)ターミナルを使用してノイズを作成する

「Command Spacebar」を実行してから、「Terminal」と入力します。 「ターミナル」が表示されたら、「戻る」をクリックします
ターミナルで、末尾スペースを含む「python」と入力します。
「ユーティリティ」フォルダから、「ST-2095-1-generator.py」アイコンをターミナルウィンドウにドラッグします。
スペースを追加する
以前に開いた「/ Documents / pink_noise」フォルダーの上部から、フォルダーアイコンをターミナルウィンドウにドラッグします。
生成されるピンクノイズファイルのスラッシュバーとファイル名を追加します。たとえば、「/ 48_10_1.wav」
行は次のようになります。

python /Applications/Utilities/ST-2095-1-generator.py Documents / pink_noise / 48_10_1.wav

「戻る」を押してから、スクリプトにプロセスの所要時間とRMS値が表示されるまで待ちます。

「Documents / pink_noise folder」に移動して、新しい.wavファイルを確認します。一度クリックして、スペースバーを押して聞いてください。

上記のテクニックに慣れていない場合は、ドラッグアンドドロップをすべて使用して、ドキュメントへのパスを見つけ出す(入力ミスする)ことを避けます。ターミナルは、ファイルをドラッグしてデータを入力できるほど親切です。

4)ファイルの継続時間、チャンネル番号、ビットレートを変更するには

ターミナルで、前のコマンドを表示する上矢印をクリックします。
ドキュメント内の首都「D」への左矢印を押します。 「-d 20」または希望の長さを秒単位で入力します。
スペースに注意してください。 「20」と「D」の間にスペースが1つだけあることを確認してください。
.wavファイル名の2番目のアンダースコアに右矢印を押します。 「削除」を2回押します。 「20」と入力します。
「戻る」を押して、20秒のファイルを作成します。
次のコマンドは、96kピンクノイズの6、30秒チャンネルを含む.wavファイルを作成します。

python /Applications/Utilities/ST-2095-1-generator.py -d 30 -c 6 -9 Documents / pink_noise / 96_30_6.wav

その例の6つのチャンネルは同時に再生されます。チャンネルを連続して再生するファイルを作成したり、レベルを変更したり、フェードインまたはフェードアウトを追加したり、長さをトリミングしたりするには(10秒のリクエストで10秒を超えるファイルが作成されます)、オーディオを使用する必要があります編集プログラム。多くが利用可能ですが、以下で使用される例は、評価の高い無料のオープンソースプログラム「Audacity」用です。

5)Audacityをインストールするには

ブラウザページを開いて、http://sourceforge.net/projects/audacity/にアクセスします。
「ダウンロード」ボタンをクリックします
.dmgファイルをダブルクリックすると、Audacityインストールウィンドウが開きます。
AudacityフォルダーをApplicationsフォルダーにドラッグします。

6)Audacityで.wavファイルを開く

「pink_noise」フォルダーで、.wavファイルを右クリックまたはControlキーを押しながらクリックします。
「開く」までロールダウンします。 「Audacityで開く」を選択します
audacity_opn_with
[OK]をクリックして、[編集前にファイルのコピーを作成します(より安全)]
audacity_copy_yes
22秒より少し短いピンクノイズの単一チャネルが表示されます。
audacity_one_channel
「I-bar」を選択した状態で20秒からカットまたはフェードアウトするには、クリックして押したまま右にドラッグします。
audacity_choose_panel
切る:
最後の1.8秒を選択したまま、「削除」を押します。
フェードするには:
最後の1.8秒を選択したまま、[効果]メニュー(上部)から[フェードアウト]にプルダウンします。
Command-Aをクリックして、トラック全体を選択します

変更された同じサウンドのチャンネルをすばやく追加するには:
「Command-D」を3回クリックして、8つのチャンネルを作成します
トラックの左上隅にある「X」をクリックして、1つのトラックを削除します。
audacity_kill_channel
良い習慣ですが、必須ではありません:
「x」の右側にあるボックスをプルダウンして、チャンネルに名前を付けます。
注:4番目のチャンネルは常にLFEチャンネルになります
channel4_lfe_always_rename

7)トラックを次々にシーケンスする

Cmd-Aをクリックして、すべてのトラックを選択します。
メニュー「トラック」をプルダウンして「トラックを整列」から「端から端まで整列」を選択します
「Cmd-F」および「Shift-Cmd-F」をクリックして、ウィンドウ内のトラックのセット全体を取得します。
必要に応じてトラックをスリップ/調整します。

8)ブロードキャストWAVファイルにエクスポートするには、.wavまたはDCPとして使用します

「ファイル」を「オーディオのエクスポート」にプルダウンします。 (Cmd-Shift-E)
必要に応じてファイルに名前を付けますが、名前またはディレクトリは必ず変更してください。
「フォーマット」で「その他の非圧縮ファイル」にプルダウンします。
[オプション]をクリックし、[ヘッダー:WAV(Microsoft)]を選択します。エンコード:「署名付き24ビットPCM」; 「保存」をクリックします

9)チャンネルを回転させる…そしてLFEを最後に再生するには(テクニックに続くNBを参照)

高度なミキシングオプション:左下の2番目のボックスをクリックします。赤い輪郭が表示されます
右側の[チャンネル:3]をクリックします。接続が表示されます。
右側の[チャンネル:2]をクリックします。左側の3番目のボックスに接続します。
両側の3番目のボックス間の接続バーをクリックして削除します。
同じことをチャンネル5と6のRtSurrとLftSurrを交換します– 8つのチャンネルで本当に楽しんでください。
audacity_mixing_options
「保存」をクリックします。次のパネルは、.wavファイルでサポートされていないメタデータです。 「OK」をクリックします
注意: この手法は、すべてのチャンネルに同一の信号がある場合にのみ機能します!たとえば、エクスポートの前にLFEチャンネルが10 dB増加した場合、上記のエクスポートの例に従って10 dBのホットサラウンドが作成されます。

10).waveファイルの検証

/ pink_noiseフォルダーに移動し、前述の「名前を付けて開く...」テクニックを使用してAudacityで新しいファイルを開きます。 .wavファイルを単にダブルクリックすると、iTunesがそれをインポートして再生します。
audacity_verify
これは、完了するとどのように見えるかです。 L、C、R、RtSurr、LftSurr、LFEを再生します
.wavファイルが開いたので、フィルターを適用したり、レベルを調整したりできます。

11)チャンネルにレベルを追加するには

トラックのオーディオ部分を選択し、慎重に選択し、[効果]を[増幅]にプルダウンしてから、追加するdB数を入力します(または-dBを減算します)。
沈黙を増幅しないように最善を尽くします。ただし、その一部を「つかむ」ことを避けることができない可能性があります。

.wavファイルを作成するには、再度エクスポートする必要があります。 Audacityで「保存」すると、再生可能な.wavファイルではなく、Audacity固有のファイルセットが作成されます。

ただし、適切な順序でチャンネルを再生するように.wavファイルを既に保存している場合は、エクスポート時に再度スワップする必要はありません。

Audacityプログラムを使用する可能性はもっとありますが、これは基本的なニーズを満たすはずです。

文書を送ってください 連絡フォームからの修正または提案。ありがとう。